学生キャッシング

消費者金融の審査の特徴とは・・・

MENU
キャッシングは学生でも利用することができますが、まず満20歳以上でないといけません。

キャッシングは学生でも利用することができますが、まず満20歳以上でないといけません。そして、自分自身にアルバイトなどで収入があることが条件になります。仕送りや奨学金はこの収入とは扱いません。

 

そして、銀行のカードローンを利用するのは難しいことが多いです。特に大手銀行のカードローンは学生は利用できないと明記されていることがほとんどなので、利用できるとしても地方銀行やネット銀行になるかも知れません。一方消費者金融では学生も社会人も区別なく融資を行っており、収入さえあれば問題なく利用することができるので、こちらの方がおすすめになります。

 

学生の場合、低額の希望でも申込み時に本人確認書類と共に収入証明書類の提出を求められると考えておいてください。アルバイトなどでの収入は人によってバラバラなので、どれくらいの年収があるか分からないからです。

 

この収入証明書類には勤務先からもらう給与明細票が利用できます。直近の2ヶ月分によっておおよその年収と判断する場合が多く、例えば先月が6万円、その前の月が4万円だった場合、年収に換算すると60万円という判断になり、その1/3の20万円まで借りることができます。

 

ですが、比較的収入が多い場合でも学生というだけで10万円までなどと限度額の上限が決まっていることもあるので、最初に確認しておいた方がいいでしょう。学生でアルバイトで年収にしてこれくらいあるが、そちらではどれくらいまで借りられるかと聞けば、丁寧に説明してもらえます。

 

また、親と同居としていて内緒で利用する場合には、自宅への郵便に注意してください。これはダイレクトにそのように伝えておいた方がいいでしょう。会員サイトからの設定で郵送物の有無などを選択できることがありますが、もし抜けがあると大変なことになります。自宅には一切郵便を送らないで欲しいとそのまま伝えておきましょう。