総量規制対象外

消費者金融の審査の特徴とは・・・

MENU
キャッシングをする際、総量規制というものを考慮して、金融機関を選ぶ必要があります。

キャッシングをする際、総量規制というものを考慮して、金融機関を選ぶ必要があります。総量規制とは、2010年に施行された法律で、年間の収入の3分の1を超える借り入れを規制するというもので、貸金業法で定められています。2010年よりも前に、返済能力のない人にお金を貸したことから、借りた人が多重債務を抱えて破産するなどといった社会現象が問題となり、制定されました。

 

多くの消費者金融や信販会社は総量規制の対象の金融機関なので、サラリーマンや自営業者が多額のキャッシングを希望する場合は無理な金額が出てきますし、全く収入のない専業主婦や学生はこれらの金融機関でのキャッシングは原則的にできません。

 

そこで、総量規制対象外の金融機関を利用する必要があります。

 

総量規制対象外の金融機関とは、大雑把にくくると、銀行系のカードローンということになります。多くの消費者金融は、手続きが簡単で、即日融資も簡単に審査が通ることから、利用はしやすいかもしれませんが、銀行系のカードローンでも、即日融資が可能な金融機関や、インターネットだけで申し込みから契約までの手続きも全て行うことができて、借り入れも銀行振り込み、返済も銀行からの引き落としで簡単にできる金融機関も増えており、キャッシングをする場合はよく比較検討して借り入れ先を選ぶことが必要です。